撮影対象に合わせて選べる3種類

OTO3Dスキャナーにはレンズが異なるモデルが3種類あり、測定する対象物の大きさや必要な精度により使い分けが可能です。
30cm〜2000cmといった幅広い対象物の測定ができ、異なるレンズでの測定結果を合成することにより、自由度が高く、使いやすさを追求した製品となっております。

標準レンズ 30°

OTO 3D SCAN

30cm〜100cmの測定物が対象。
例えば、人の半身や顔のスキャンに適します。

広角レンズ 45°

OTO 3D SCAN

100cm以上の大きな測定物が対象。
人の全身や自動車等のスキャンが可能です。

細密レンズ 15°

OTO 3D SCAN

30cm以下の測定物が対象。
最も高い精度で測定できるため精密機械等に適しています。

OTO3Dスキャナー 技術面の特徴

  1. 測定物へのマーキングは基本的には必要ありません。自動的に3Dデータを作成します。
  2. 計測したデータは1:1の絶対座標となります。なお、座標軸XYZと3原色RGBカラーデータも同時に取得し保存ができます。
  3. 特許を取得したIR赤外線は人体への影響はほとんどなく安全です。

スキャニング


適切な距離を色で確認
スキャン中はスキャナーと測定対象物の距離を色で確認することができます。近づくと赤くなり、離れると青くなります。
丁度いい距離は緑で表示されますので、常に簡単に距離を確認しながらスキャニングが可能です。
スムースなスキャンを実現する付属ソフト
付属のソフトは任意に指定した箇所のサイズ測定やスキャナーが届かない裏側の修正、形状変更、表面の仕上げ、さらに複数のデータを合成するなど多彩な機能が標準で装備されています。
測定物のサイズも制限はありません。
ある程度大きな物でも自由に測定が可能です。スキャンと同時にカラーデータも保存されます。
またスキャンデータは計測と同時にデータ化されます。
3Dデータの形成からプリントアウトまでスムーズな作業が可能です。

付属品、その他

樹脂製キャリーケース付属

軽くて丈夫な樹脂製キャリーケースが付属します。約90cmの高さからの落下でも中のスキャナーを守ります。

コード等付属品が同梱

電源延長コード、USB延長コード等必要な付属品が同梱されますのですぐにスキャニングが始められます。

レッド・ドット・デザイン賞2015を受賞

国際的プロダクトデザイン賞、レッド・ドット・デザイン賞2015を受賞いたしました。